Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

エンドロール

昔からエンドロールが流れる瞬間をたびたびイメージしてきた。

それは、高校生くらいのときは、実際には怪我であきらめた僕の部活を、勝手に華々しい引退の記憶に塗り替えて流れるものだったり、本当は諦めたはずの職人の道なのに、これも都合よく勲章を得たストーリーに塗り変えた空想の中で流れるエンドロールだった。

どれも甘酸っぱかったり、悔しさにうだるような青春の産物だったりした。

いまイメージするエンドロールは、なんと言えばいいのだろうか。恐怖を肌で感じるものばかりだ。抽象的なイメージでしかないけれど、それは恐ろしいなにか得体の知れないドス黒くうごめくなにかのようだ。

映画のバッドエンディングで流れるような。

そんなエンドロールを変えることはできるのだろうか。今こそ、自身の信念を、信じ抜かないと。

スポンサーサイト
  1. 2014/08/13(水) |
  2. That's what makes us...
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タブレット | ホーム | 思うほど悪くないはずなんだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humansbeing.blog69.fc2.com/tb.php/537-07aa39ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。