Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ゲイの鬱

調査:鬱に悩まされるオーストラリアのLGBT
(ゲイジャパンニュース - 2006年4月22日)

ゲイであることによって経験すること(考えること)は、鬱病を引き起こす要因となり得るのでしょうか?

私自身、鬱病持ちのゲイです。ゲイであったがために社会から閉塞感を感じなかったかといえば嘘になります。しかし幸いなことに、自身のセクシャリティーについて思い悩むことはあまりなかったように思います。

現在、ゲイ的な活動とはほぼ(?)無縁な生活を送っていますが、そのことに対して特に窮境を感じているわけでもありません。(脳みその中の恋愛中枢があるとするならば、私の場合もう錆付いてしまっているのでしょう。)

ですが考えてみると、鬱病になってしまったからこそ、そういったことに対する衝動がなくなったのかも知れません。仮に自分が鬱病でなかったら・・・、沸き起こる衝動の矛先を向ける場所に混迷し、鬱蒼とした生を甘受しているのではないか・・・。鬱病の誘因となりそうですね。

まあ、幸いにも、私には鬱病のおかげでそういった衝動がないので、病気がよくなるまではそんなことで思い悩むことはないでしょう。

鬱病に感謝!(ん?)
スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<高速データ通信 | ホーム | 夜中に一人ごちる>>

コメント

う~ん、ゲイ云々に関わらず、ノンケでも同じだと思いますよ。
どうしてもゲイという事でカテゴライズされがちですけど、心の疾患は誰しもが少なからず持って暮らしてると思う。
よく会社でも話題になりますよ?同僚らも診察されたらみんな病名付けられそうで怖い、と。それを自発的に申告するかしないかだけではないですかねぇ。
気持ちなんて、日々移ろうモノですから。
恋愛、して下さい・・・。きっと理解してくれる良きパートナーと出会えると思いますよ。
  1. 2006/04/30(日) 20:34:00 |
  2. URL |
  3. highenough #79D/WHSg
  4. [ 編集]

確かに!
社内で鬱病のパンフレットが配られたとき、ある先輩が叩いた「俺のためのものだ!」という軽口の裏には、「でも、本当はな・・・。」といった表情が見え隠れしました。
ちなみに、記事ではあんなこと書きましたが、恋愛に興味がないのは鬱病に原因があるわけではないんですよ。幼児が蛇を恐れない理由に近いんです。つまり、その快楽を知らないだけ!(笑)
  1. 2006/04/30(日) 23:05:00 |
  2. URL |
  3. HumansBeing #79D/WHSg
  4. [ 編集]

ありがとうございます。リンクさせて頂きますね。
という自分もどうしていいのか分かってないかも(w
恋愛はマイナスにはなりませんので、是非!
辛い思いも勿論しますけど、やっぱり相方がいないと心が荒んでしまう。
誰の曲か知らないけれど、
さよならを繰り返し~君は大人になる~♪って歌あったなぁ。
まさにそうだと思うんですよね。
  1. 2006/04/30(日) 23:34:00 |
  2. URL |
  3. highenough #79D/WHSg
  4. [ 編集]

右上に表示されるリンクボタンを押すだけで勝手にリンクされるようですね(w では、また来ます!
といいますか、似顔絵、同じところで作ってるみたい???
  1. 2006/05/01(月) 00:01:00 |
  2. URL |
  3. highenough #79D/WHSg
  4. [ 編集]

このリンク機能、ヘルプを読んでもいまいちわかりにくい文章で、かなり迷いました・・・。
似顔絵、きっと同じところですよね。
自分は絵心がないんですが、これを作るときは結構楽しかった~。
  1. 2006/05/01(月) 00:28:00 |
  2. URL |
  3. HumansBeing #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humansbeing.blog69.fc2.com/tb.php/41-717c9a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。