Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

「色香にだまされただけなんだよ…」と過ちの一夜を過ごす人もいるそうですが、僕をだまそうとする人はいないので安心です。

 とてもじゃないですが、僕は香水が似合うような男ではなくて、そしてやっぱり香水をつけないのです(ちゅうか、つけ方も知らん)。かといって、「香水をつけるような男はいやだ!」とかいうタイプの男でもありません。

 だけど、香りの好みにはわがままなもんでして、好きな香りと嫌いな香り、割とはっきりしているのです。

 そしてなぜだが、気に入った香りを纏っている男というのは、概ね好みの風体をしているのです。

 街を歩いていて、「おっ、いい香りだなぁ…」だなんて振り返って見ると、「うはぁ~、たまらん男よのぉ~」なんてことがしばしば。

 だけど逆に、混んだ電車の中なんかで、「なんやぁ、この香りは!?んったくよぉ、どいつの香水なんじゃい?」と香りの発生源をたどると、「あぁん?貴様のぉ!確かにおめえは世間一般ではイケメンだろうがよぉ。しかしのう、わしは貴様なんぞとはなぁ、頭下げられてもイヤじゃ!ぼけぇ」(←注.アホです)ってな感じで、香りの向こうには、僕のストライクゾーンとは、明後日の方向を向いた男がいるのです。
(↑なんか生意気な書き方ですみません。あくまで、僕の好みではないというこです。鏡を見ます...orz)

 不思議なことに、香りへの印象(好み)が、性的相手としての男への好みと一致することが多いのです。

 ここで特筆すべきなのは、好きも嫌いもいずれの場合も、男に対する印象は、姿を先に見て抱いたものではないことです。あくまで香りが先で、それを辿っていくと、なぜかしらそこには香りに抱いた印象と、同じ男がおるというのです。

 かといって、あの野郎はオレと同じ好みなんだ。だから気になるんだ。とかいうのではありませんし、その香りが僕をムラムラさせるというわけでもありません(香りがホレ薬の役目を果たすというのではない)。

 仮にその男が香水を使っていなかったとしても、やっぱりその男の見てくれは、僕の好みであるのです(なんか改めて書くと恥ずかしいや)。

 自分につける香水を選ぶときに、「うぅむ~、こっちの香水の方がもてるかな?」という部分は仮にあったとしても、やっぱり自分自身が嫌いな香りはおそらく選ばずに、自分にとっても心地よい香りを選ぶであろうことは容易に想像がつくので、僕は次の大胆な仮説を提唱します。


「肉体的にオレの好みな野郎は、香りの好みがオレと同じ」


 ………。


 アホかって?だけど、いい香りの食いモンは、やっぱり味もいいじゃないですか。もう少し掘り下げれば、なんらかの構造が見えきそうです。

 もしかしたら、「肉体的に好みなヤツ同士は、同じニオイを好む」とかいうのが証明されて、実は「自分の好きなニオイを纏うことは、より深い愛を築く(もしくは生殖活動を行う)のに優位である」とかが導かれたりして…。

 ………。

 やっぱやめよ。小さいころ、冷蔵庫に入っていたバニラエッセンスをこっそりなめて、ほげぇ!となったのを思い出したや。いい香りだからって、やっぱだまされちゃいかんのだ。

 おまけに、「貴様なぁ!おんどれの言うことが本当だったとしてもなぁ!おのれのツラでは、どうやって実証するのだ!笑止千万よぉ!ハッハッァー!」とか言われそうです。

 ひとまず、僕の頭に浮かぶことがアホっぽいことだと気付かないほどには、僕はアホではなかったことが証明されたので、今日はよしとします。



ところで、「色香にだまされて、行きずりの恋を……」、なんて言っている人に、「だまされたとは言ってるけんど、味はどうだったんだい!?」と尋ねてみれば、「これがまた甘かったんよぉ~。」とか言うような気がしませんかね。まあ、これもオレには実証不能だけど…orz

スポンサーサイト
  1. 2007/02/13(火) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<寝言を寝ずに言ってみる。 | ホーム | 18色のクーピーを持っているヤツが、とてもうらやましかったんです。>>

コメント

それは新しい定説かもしれませんね。
色々と試してみる価値はありそうです。
兄貴はどんな香りが好きなんですか?

ちなみに俺は、香水よりも
洗濯したての洗剤や柔軟剤の香りに
ドキドキします!!
  1. 2007/02/15(木) 22:05:18 |
  2. URL |
  3. 祐 #bssSV/Xo
  4. [ 編集]

香りとか味とか、いつにもまして表現が文学的で素敵ですね。
雰囲気が山田詠美の小説みたいですよ。
バニラエッセンスを舐めてうげっ!となったことあります。
あんな甘ったるい香りをさせてるくせに苦いんですよね。
やっぱり香りに騙されちゃいかんのですな。
  1. 2007/02/15(木) 22:31:50 |
  2. URL |
  3. らーじ #wNlbwpMM
  4. [ 編集]

>祐君

僕の場合、香りの好みは気分によって大きく変わるんだけど、オリエンタルな香りというのは、いつでも心地よく感じますかね。香水だと、特定の種類というよりも、立体感と透明感を備えた香りがいいです。しっかし、香りの表現って難しいや。自分でも書いててよくわからんのです(笑)。

ひとまず、祐君が洗濯したての香りが好きというので、明日から洗濯のすすぎは節水しますv-238
  1. 2007/02/15(木) 23:44:09 |
  2. URL |
  3. HumansBeing #JalddpaA
  4. [ 編集]

>らーじさん

いやぁ、戯言にお付き合い頂き光栄です(テレ)。僕にとっての山田詠美といえば、「僕は勉強ができない」です。ところで、バニラエッセンスって、まずいとわかっていても、たま~に見かけると、「そういや、どんな味だっけ?」と、また舐めてみたくなるのです。そして、またも騙されてうげっ!となってしまうのです。どうやら、僕は勉強ができないみたいです...orz
  1. 2007/02/15(木) 23:48:40 |
  2. URL |
  3. HumansBeing #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humansbeing.blog69.fc2.com/tb.php/299-86706914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。