Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

在り方

20061207005101
 僕に任せて下さい!と啖呵を切って当たった問題処理。泥沼の残業をする羽目なったのは、僕が処理を誤り、火に煮えたぎる油を注ぐようなことをしてしまったからだ。明日以降、部署内で大問題に発展するかもしれない。僕に任せた上司も責任が問われるかもしれない。大変なことになった。悔しい。だけど、虚勢を張って引き受けたことには、全く後悔していない。口には出せないが、今は不思議と清涼感さえ感じる。

 世の中は、何でもかんでもありのままがいいといって、何でもかんでもありのままがちやほやされる。ありのままのお前が大好き。ありのままの俺でいたい。確かに大事なことだ。だけど僕は、ハッタリをかまして背伸びをするようなヤツでいたい。

 かっての僕はそうやって、大きな失敗はしなかったものの、身体と心を壊した。だから、随分長い間ありのままのオレでいた。だけどさ、たまにはハッタリをかまして精一杯背伸びをしたら、その場所に向かって高く速く走りたいんだ。それで失敗したら、苦虫を噛みつぶして悔恨を味わい、無様な醜態を晒す。それがダメ人間のオレの作法。そして思うんだ。弱さを受け入れることにも強さが必要で、そしてむしろ、それこそが本当の強さなんだと。

 背伸びをすることは、ありのままの僕ではない。だけど、これがありのままのオレの在り方なんだ。カッコ悪くてもいいや。無様に生きてやる。

 今日の月は綺麗だ。だけど心に留めておきたいのは、今日の空気が澄んでいるということだ。月が綺麗なのは、今日の空が澄んでいるからであって、月は何食わぬ顔でいつも通りに明日の太陽の光を受けているだけだ。









 ・・・だけどやっぱ、他人に迷惑かけちゃダメだよな。ちなみに普段は、用意周到質実剛健を旨としています・・・(笑)。それにしても、ここ一番で弱くなったなぁ・・・。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/07(木) |
  2. 携帯電話で出かけ先から投稿しやした!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<神楽坂あたりに… | ホーム | 穏やかな筋書き>>

コメント

どうもはじめましてです。

自分が成長すべく、
あるいはやりがいを感じられる程度の、
適度な(適度に過度な?おかしい。。。)
負荷は確かに自分にとっても必要だと思います。
そのためのハッタリも大切なことかと。
その結果失敗すること自体問題はないと思います。
「謝ることができる」「弱みを見せられる」というのは強さです。

ただし最後に書かれていますが
人に迷惑をかけない、約束は守る。
これも重要なことかと。
もちろん出来る範囲で気をつけるということしか
できませんが。。。

ただ自分を客観的に見たときに
バランスがとれているかというと。。。
いやはや攻めと守りを
バランスよく身につけたいものです。。。



  1. 2006/12/07(木) 01:25:33 |
  2. URL |
  3. すっとこどっこい #-
  4. [ 編集]

すっとこどっこいさん、はじめまして!

“適度に過度”だなんて、言い得て妙ではありませんか!私はこういう表現、大好きですよ。

攻めと守りのバランス・・・。自分をコントロールすることは、非常に難しいことですよね。

すっとこどっこいさんのコメントを読んで、定期的に自分自身を客観的に振り返ってみることの必要が、身体の中にふつふつと沸き起こってきました(←ちょいと表現が変ですね。ご愛嬌で・・・)。

感謝!!
  1. 2006/12/09(土) 00:14:27 |
  2. URL |
  3. HumansBeing #JalddpaA
  4. [ 編集]

尻ぬぐいをしてくれる人がいることは有り難い事だが、仕事に関しては、尻ぬぐいは自分自身ですべきこと。人任せにしてしまった時点で負けである。虚勢を張るなら最後まで自分の責任の下行うべき。そうでなくては、自分自身が成長できないから。

虚勢を張ることと、ミスを認めて最後まで仕事に責任を持って事を終わらせる事は意味が異なる。常に、後者であることが重要である。ミスをフォローしてくれた人への感謝の気持ちは絶対に忘れてはならない。

例え、後ろに責任者がいようとも、絶対に自分自身で蹴りを付けないと、必ず後悔する。その経験がまた、次に繋がって行くから。

自分も仕事のしすぎで体を壊した人間だが、それ以降常に 75%位の力でしか仕事をしていない。だが、やはり 100%の力で仕事をしていた時に比べると、自分の不甲斐なさを思い知る。

自分自身が強くなり、ミスはミスとして認められて、周りに感謝と謝罪の気持ちを持つことが必要なのではないかと思う。それが本当の虚勢の張り方。下からも、上からも信頼される人間の証。

その後どうなったかはわかりませんが、自分の成長の為にも、今回の件をバネに頑張って欲しいものです。

どんなに仕事が出来る奴でも、優雅に水面を滑る白鳥のように、水面下では一生懸命足を動かして泳いでいる。それが、本当の意味での虚勢ではないだろうか。
  1. 2006/12/09(土) 04:25:01 |
  2. URL |
  3. きゅう #-
  4. [ 編集]

きゅうさん、ラジカルなコメントをありがとうございます。是非ともこのことは、仕事をする上で自身の機軸に据えるとともに、自身の生を全うするためにも、強く銘肝させて頂きたいと思います。

失態のその後の顛末はというと・・・。先日対処法について上司と話し合いました。僕は自分の失敗にも関わらず、「これ位やれば、大丈夫だろう」という諸先輩の意見をなぎ倒すこと度々。自分の失敗だからこそ、完璧なフォローを行いたかったのです。

と、そんな議論をしている最中に、この件で他部署に行った確認事項の返事がきました。それによると、今回僕が行った対処方法には、なんら問題がなかったことが判明しました。一同胸をなでおろしたのは言うまでもありません。

しかし、方策に誤りがなかったとはいえ、問題が解決したわけではありません。それに、僕の遣り方にも、まだまだ検討の余地があったというのも事実です。悔恨が薄らぐとこは決してありませんし、ここでもう一段階上を目指すのは当然であります。


きゅうさんも身体を壊されたたちなんですね。力を抑えるお気持ち、察するに余りあります。

僕はというと、ここにきて身体も心もかなり具合がよくなっています。とはいえ僕の場合、うつという心の問題(僕は脳みその問題といっております)が大きくて、以前と同じ強度で仕事をすることは、今後もできないと思っています。だけど、そのことは受け入れたつもりです(諦めかな・・・笑)。

今までは、早く走ること(記事本文とはちょっと違う意味で)だけにこだわってきました。もちろん、今でも早く走りたくなる。だけど、早く走ることができないときはゆっくり歩けばいいし、低くたくさん飛び跳ねたり、ダメなら別の戦い方をすればいいんだと、最近になって思えてきたのです。

これはただの言葉の綾かも知れませんし、こじつけかも知れません。だけど、自分の中の変化を表すための言葉を、僕はあまりにも持ち合わせていないのです。

そして最後に。人それぞれ“気付き”の方法は違うと思います。だけどきゅうさんが、身体の変化であれ心の変化であれ、少しでも納得できる糸口を掴まれることを祈ってやみません。
  1. 2006/12/10(日) 18:45:48 |
  2. URL |
  3. HumansBeing #JalddpaA
  4. [ 編集]

どうも、御無沙汰しています。

仕事の事になると熱くなるタイプで(^^;。

HumansBeing さんの仕事が間違っていなかった様で、一安心ですね。

自分は病気をして自分自身 100% の力を出せなくなって凄く落ち込んでいました。大分回復してきており、そろそろ 100% の力を出して仕事ができるように頑張ろうと思っている次第。100% の力で仕事ができなかったころの自分の不甲斐なさ。今考えるだけでも、自分自身が嫌になるくらいです。

病気だからと避けて通ってきた道。もう一度復帰してやろうと思っています。一度きりの人生、悔いのないように生きてやりたい。太く、短く!そう思っています。これでまた体を壊そうが、それもまた人生!

本年は恋も仕事も充実したものにしてやりたいと思っています。

鬱という病気がどれほど辛い病気かは経験していないのでわからないですが、HumansBeing さんも病気と真向からぶつかって、一度きりの人生悔いなく過ごして欲しいと思います。

男なら、まっすぐぶっとく生きる!

お互い、頑張りましょう(^o^)/。
  1. 2007/01/07(日) 02:50:52 |
  2. URL |
  3. きゅう #-
  4. [ 編集]

きゅうさんへ

ご心配をおかけしました。もう、一時は悔しくて悔しくて・・・。ただですね、もちろん間違いがなかったことを聞いてほっとはしたんですが、弱点を突きつけられたのもまた事実。幸いにもいい上司に囲まれているので、これを機に自分の力をもう一段、底上げしようと奮闘します!!まだまだ小僧です!


きゅうさん!信念を削るくらいなら、身体を削ることを厭わない質ですね!?僕もやっぱりそうありたいのです。こりゃ、負けてらんない!

やりますよ!!
  1. 2007/01/08(月) 21:51:29 |
  2. URL |
  3. HumansBeing #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humansbeing.blog69.fc2.com/tb.php/254-7abbc594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。