Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ゲイと広告

知らず知らずのうちに井口営業部長の背中を目で追ってしまう工藤雄太。
大学の先輩でもあり、会社の直属の上司でもある井口は、ある種工藤の理想の男性像でもある。
仕事ができ、家庭も大切にし、かつ趣味も幅広い。
工藤もすでに35歳。結婚して家庭を持っていてもおかしくない年齢。

 おおっ、なんかそそられませんか!?とある一般サイトからの引用なんですが、なんかゲイの内面の吐露(っていうか体験談?・・・笑)みたいじゃありません?

「どうした? 工藤」
大崎駅から横浜方面へと向かうコンコース。モバイルSuicaで改札を通り抜けた後、
工藤が改札を抜けて来るのを待って井口が声をかける。
「え、いえ、別に」
「そうか? ならいいが、なんかぼんやりしてたぞ」
「すいません」
「頼むぞ、今日は横浜のクライアントと最終交渉なんだから」
「はい、分かってます」
そんな工藤の顔を見て微笑する井口。
「しょうがないなあ。じゃあ横浜までグリーン車で確実に座っていくか」
「あ、じゃあそこで買って来ます」
と、工藤は目の前のグリーン券売機に向かう。

 その後の展開によからぬことを期待をしてしまう・・・(笑)。なにも起きなかったとしても、カミングアウトしていない働くゲイの叶わぬ色情には、共感を抱くような吐息が漏れます(←アホです)。

 冗談はさておき、これは一般企業の広告なんですね。「ビジネスパーソンが語る 上司に惚れ直した瞬間」という題名で、モバイルSuicaをドラマ仕立てで紹介しています。先の文章は、いくつかあるエピソードの内の一つ、「工藤雄太編」の一部でした。他にも「山下和幸編」というのがゲイ的にそそられます(←やっぱアホです)。

 私の勝手なゲイ的妄想を膨らませてくれたこの広告。企画に携わっているメンバーの中にはゲイがいる!、と思わずにいられないんですが・・・(笑)。

 それもあくまで妄想ではありますが、今後は、ゲイを意識した広告を打つ企業が出てきても不思議じゃありませんよね。私の周りには結婚している人が非常に少ないのでさほど意識しませんが、自由になるお金は、既婚者よりゲイのほうが絶対に多いはずです。しかも子育てがないのでなおさらです。企業にとっちゃあゲイは宝の山!!企業の広告担当の方や広告会社のみなさん!!勇気を出そうじゃありませんか!!私はカミングアウトはしませんが(笑)、勇気を出してくれた企業の商品を、そしてその企業をきっと好きになると思いますよ!!

嫌悪感を抱く層もあるかも知らんが、一社でも成功すりゃ絶対なだれ式に広がると思うんだけどなぁ。そうすりゃ、日陰者としての性的マイノリティーも日の目を浴びることができるし。どうひっくり返っても資本主義の世の中なんだから、企業がゲイを利用したら、ゲイもその企業を利用(応援)する。素人考えだからそう簡単にいくとは思わんが、win-winでないかい?
スポンサーサイト
  1. 2006/08/17(木) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日常なんておうにして論理的ではないものだ | ホーム | 紳士のお騒ぎ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humansbeing.blog69.fc2.com/tb.php/183-4a9864ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。