Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

そうだ、菖蒲を見に行こう。(後編)

 菖蒲田は小川のような中にあって、その上流には小さな泉がある。菖蒲田の水源でもある清正井(きよまさのいど)だ。菖蒲を一通り堪能した私は、その上流を目指した。
この地に下屋敷を構えていた加藤清正が掘ったと伝えられ、一年中絶ゆることなく湧き出る清水は南池の水源となり、掘り方の巧妙と水質の優秀なことは早くから世に知られています。(案内板より)

清正井2
↑ああ、またも撮影にしくじりました。

清正井
↑冷たいっ!

 御苑を後にした私は、明治神宮へ寄り道して、生まれて初めておみくじを引いた。大吉とか小吉とかそういうものかと思いきや、明治神宮は一味違って、大御心と呼ばれるものであった。
「大御心(おおみごころ)」は、明治神宮独自のおみくじです。他の神社で見られる吉凶を占うおみくじではなく、御祭神である明治天皇さまの御製(ぎょせい=天皇の作られた詩文・和歌)93、032首、昭憲皇太后さまの御歌(みうた=皇后・皇太后・皇太子などのよまれた和歌)27、825首より、特に人倫道徳の指針となる教訓的なものを15首ずつ、合計30首選び、それに解説文を付したものとなっています。(明治神宮HPより
それで私の引いたのが、昭憲皇太后の詠まれた歌で、始めに「謙遜」と書かれている。
高山のかげをうつしてゆく水の
ひききにつくを心ともがな

(高い山の姿を写して、谷川の水が段々と低い方へ流れて行くように、誰でも理想は高く、身はつつましく、ということを心がけたいものです。)
もう一度言う。歌の始めに「謙遜」と書かれている。謙遜、謙譲、謙虚、・・・。謙虚・・・。

 そうか、私には謙虚さが必要なんだ!そうだ・・・、私に、謙虚さが足りなかったんだ・・・。


四阿を遠くに
↑四阿(あづまや)を遠くに。四阿とは庭園に設けられた休憩所のことです。


(一連の記事には一部フィクションが含まれていますが、概ね事実です。)
スポンサーサイト
  1. 2006/07/01(土) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カリブの海の!? | ホーム | そうだ、菖蒲を見に行こう。(中編)>>

コメント

謙虚さが足りない…ってところが、フィクションですな(笑)
  1. 2011/08/11(木) 20:57:07 |
  2. URL |
  3. とさしを #-
  4. [ 編集]

>とさしをさん
ひゃだ!!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

男して行くときはいかなきゃだし、
バランスって難しいですねー。

よっし、喰らいつくべ!!(´∀`*)ぐふふ
  1. 2011/08/11(木) 22:06:33 |
  2. URL |
  3. HumansBeing #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humansbeing.blog69.fc2.com/tb.php/121-e122b105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。