Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

「2007年問題」のわからんニュース

ブログを開始したはいいんですが、放置してました。

いい加減なんか書かなければと思っとったんですが、頭の中が空っぽなのでありゃあせんのです。
とりあえず、“わからんニュース”ってカテゴリを作ってみたので、今日のわからんニュースを。

あっ、クリスマス・イヴですが、独り者なんで無視。

---

“金融庁が2年延期をEUに提案”
という会計のニュースがありました。

記事の中で、2007年問題の説明が書かれていますが、よくわからん。

とりあえず、ココの“1”の3段落目までを読むとスッキリしました。
(それ以降は地球外の言語なので読めません)

ところで、“EUはすでに国際的な会計基準を採用していている”ってのを知らなかったんですが、あやうく、“単にEUは自分らの都合を押し付けていたんだ”、と思ったまんまになる所でした・・・。

とまあ、それはともかく、日経新聞ではもう少し詳細が書かれています。

・決算情報を追加開示するのは日本の企業にとって負担。
・EUは、2009年に会計基準を共通化するアメリカに対しては、追加開示を見送る動きを見せている。
・金融庁が、日本には延期しないのか?確認したところ、EUは意志がある旨を回答した。
・ただし、延期を認める条件として、会計基準の共通化を求めるとのこと。
・日本は、以前から共通化を進めているが、米国と違って目標時期を決めていない。
・そのため、来年初頭にも新たな作業計画をまとめる。

共通化といのは、国際的な共通化のことでしょうが、なんかわかりにくい言い回しですねぇ。

まあ、それは私がバカだからいいんですが、最後から2つ目に注目です。
なぜに、目標時期を決めていないのでしょう???

企業会計基準委員会の中期的な運営方針(←私にはサッパリですわ)5ページ目を見る限りやる気満々。
特にページ内の(1)を見ると、素人考えですが、EUやアメリカの動きを考えれば目標時期なぞすでに決まっていて当然ではと思えたりします。
やはり、国内の企業から反対の声があるのでしょうか?

結局、EUからお尻を叩かれて国際的な会計基準への同調の動きがさらに加速したようですが、実際のところ、日本にとってこれはいいことなんでしょうか?悪いことなんでしょうか?

---

って、それに対する自分の意見をブログに書け!!って感じですよねぇ~。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/24(土) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<監査人の変更のわからんニュース | ホーム | 所信表明>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humansbeing.blog69.fc2.com/tb.php/1-5708b521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。