Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

Central Road - Home Sweet Home

1223

数メートル先を歩いていた会社帰りのコートをはおった中年男性の横に、中学2、3年生くらいだろうか、坊主頭の男の子が自転車で後ろからやってきて立ち止まる。


中年の男性が長いコートを少したくし上げて、自転車の後ろにまたがった。イヤホンごしでは聞こえなかったけれど、「父さん、後ろ乗ってく?」「ああ」とでも会話があったのだろう。


コートの男が少し窮屈そうに股を広げるタイミングで、自転車はゆっくりと、だけれど力強く加速して、すぐに俺の視界の先に消えた。


イヤホンから聞こえる音楽以外はなにも聞こえなかった。


彼らが自転車で通った、けれど確かに違う道の真ん中を、しっかりと踏みしめて、家路に着いた。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/23(水) |
  2. 携帯電話で出かけ先から投稿しやした!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。