Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

穏やかになる。

 グチっぽくなっている自分が嫌いだったんだけれど、「そんなの仕方ないさ!」なんて、軽く思えたのは、たびたび出てくる(元)後輩くんからの、「今から飯行きましょ」ってなメール。

 僕はたまたま仕事が休みで、夕方、買い物から帰ってきて7時すぎにはうとうとしていたもんだから、さすがにかなわなかったんだけれど、なんだか、ふと、穏やかな日常を思い出せた気がした。感謝!!

 さっ、明日も早いし、寝るか!
スポンサーサイト
  1. 2007/11/28(水) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ちょっとだけ目覚めていく。

 冬のボーナスをまだもらってもいないのになんだけど、来年の夏のボーナスが出るころには引越しを、なんて考えてみる。

 「オレも変われるかな?」 な~んてね。

 そんな“きっかけ”で自分が劇的に変われるわけはなく、下心の混じった期待は空振りに終わることは目に見えてはいるんだけれど、そんなことを考えていると、少しばかりキモチが楽になるんだよな。

 回り道をしながら身体は目覚めていくわけで、ある日突然救済がやってくるわけはなく、通過儀礼を終え帰着した地点が、以前と同じ地面なのにまったく違った世界であるなんてことは、もうあり得ないんだよな。

 だから、ちょっとばかしの工夫。どこがいいかなぁ~。
  1. 2007/11/23(金) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ささくれ

きっと心がささくれ立ってるんだろうな。ここ2,3ヶ月、あまりにもいろんなことがありすぎた。

上司の煮え切らない指示にいらいらして、つい態度に出してしまった。オレはそんなヤツじゃないんだけどな。大きくて重くて、とっても頑丈な岩になりたい。

==

ここ何年かは毎年この時期になると、新宿御苑の菊花壇展を観に行ってたんだけど、気付いたら今日で終わってしまってたんだね。もう少し気力が戻ったら、紅葉だけでも観に行こっかな。




菊花壇
↑コレは新宿御苑じゃないっす。仕事で別の事業所にお邪魔したときに、昼休みに近くのお寺をぶらぶらしていて発見!


  1. 2007/11/18(日) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

日記

 なんとかやってけそうだと思えればこっちのもん。オレには、そう思わせてくれる人間がいた。それだけでなんとかやってける。

 明日よ早く来い! 窓のそばに追いやられても、やれることはたくさんあるんだぜ!!

 腐りきった大組織よ! オレを試してみるかがよい!

 な~んてね(笑)。

 とりあえず、今出来ることをやる! それで窓の際から外へ追いやられてもかまわない。全力でやる! それがオレ!
  1. 2007/11/04(日) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。