Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

へたれっすよ。

 今のオレがオレじゃないと伝えたいと思うんだけど、そんなことを考えてしまうこと自体がやっぱりへたれなんだよなぁ。うん、そうに違いないや。

==

 最近脳みその調子が一時よりもよくなってきたもんだから、悦に浸っていたんです。しかしながらここにきて、もの忘れが酷くなっていることに気付いた今日このごろ。

 だけど少し考えてみて、もしや今までは、もの忘れをしていてもそれ自体に気付いていなかったのでは? となるとそれに気付けるようになったオレって、やっぱ快方の彼方に向かっているんだ!・・・って、これって破壊的にアクティブ!?(笑)

==

 窓際部署で働いているんでもともとヒマ(当然給料も・・・笑)なんですが、最近ちょっと忙しいんです。でも、なんとかやれそっスよ。

スポンサーサイト
  1. 2007/07/26(木) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TOP SECRET

 電話工事の関係で、若い兄ちゃんを我が家に上げました。僕の家に他人が入るのは3年ぶりくらい。前回も電話会社の工事の関係でした。そんときは中年のおっちゃん。

 ちなみに、前回もそうなんですが、今回も別にタイプじゃありませんでした。残念。。あはっ

 まあ、そんな話はどうでもいいです。兄ちゃんが作業を始めてまもなく、僕が思っていた以上に配線をいじくる必要があったらしく、床から積み上げられた本の山(どれも買うだけ買って読んでない・・・)が邪魔になってしまったのです。

「すみません。ここの場所を少し空けてもらえませんか?」 
「ありゃ、これはすんませんね。すぐにどけますわ」

と、そーっと山を動かしたつもりが、たちどころに崩壊。

「大丈夫ですか!?」とあわてる兄ちゃんに、「いやぁー、汚い部屋ですんませんねぇ~」と笑って片付けようとすると、なんと本の瓦礫の間から、エロDVDがコンニチハ。

 あわてて散乱した本と本の間に挟んで事なきを得る(多分)も、滝のような汗、というより、もはやそれは、汁という方がぴったり(笑)。

 最近、年齢とともにそういったところがルーズになってきているんでないかと思うのです。一人暮らしで、しかも人を家に上げないからか、自分の隠し所というか機密情報(?)とでもいうものが、無防備というよりどんどん無頓着になってきているみたい。注意せんといかんです。みなさんも気をつけやしょう。
  1. 2007/07/05(木) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。