Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

特別な感慨や気持ちの高まりで、胸がしめつけられるような感じがするさま。

「胸キュン」とホルモンの密接な関係とは?
(ライブドア・ニュース - 2006年12月22日)


 この記事で使われている「胸キュン」という言葉の意味がわからなかったので辞書で調べてみたところ、「きゅんと」という副詞の用例として「胸がきゅんとなる」が書かれていたので、「コンビニエンスストア」の省略形が「コンビニ」であるように、恐らく「胸キュン」は、「胸がきゅんとなる」の省略形なんだろうと見当をつけるところまではいきました。ですが、改めて「きゅんと」の意味を見ると、そこには、「特別な感慨や気持ちの高まりで、胸がしめつけられるような感じがするさま。」と書かれていて、やっぱり「胸キュン」の意味は理解できませんでした。それは、俺が枯れてしまっているからなのか、大辞林の表現力が乏しいからなのかは知るよしもありませんが、今日も俺は飲んでいます。ちなみに、「元気か?」と尋ねられれば、「普通です」と答えると思います。
 
スポンサーサイト
  1. 2006/12/29(金) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ただいま」の人と「おかえり」の人。

マイラバakko、828日ぶりライブ…変わらぬ歌声で魅了
(サンケイスポーツ - 2006年12月4日)


 小生、行って参りました。若者の集まるライブハウスなんぞ、ひょっとすると呼吸困難に陥るのではないかと心配だったんですが、だって「MY LITTLE LOVER」をすこぶる好きになってしまったのですもん。背に腹は返られんよ。

AKKO
↑なかなかかわいいポスターですが、女性向けです。

 それにしても、「MY LITTLE LOVER」を好きな野郎なんて少ねぇだろと思っていたら、意外にも会場にはちらほら・・・。ちょいと驚き。といってもまあ、彼女の付き添いなんでしょうが・・・。

ただいま
↑“ただいま"という言葉が好きになりました。

 「ただいま!」といって登場したAKKOさんを見てそれだけで、もう一人のオレが、「お前ももう一度やってみなよ。」(何をだ!?)と軽く胸の中を小突いてきやがりました。ってことで、「うっせぇ!わかってら!もうちょい待ちやがれってんだ!」ともう一人のオレを小突き返しました。

おかえり
↑会場では、新曲の「り・ぼん」にちなんで赤いリボンが配られました。これを着けて、盛り上ろう!ってこと。ちなみに「り・ぼん」は、「りぼん」と「re born(再生)」のダブルミーニング。僕の大好きな曲。

 新曲とかつてのヒット曲(僕が高校生のころだねぇ)で構成されたリストは、「MY LITTLE LOVER」初心者の僕にとっては、なんとも絶妙。

 若者の集まるああいう空間は苦手だけど、この日、あの場所でたくさんのエネルギーをもらえたことは事実。行ってよかった。本当によかった。

 僕もそろそろ再生します。今年一年、かなりゆったりとぬるい時間を過ごしましたから。元旦からとは言えないけれど、さあ、そろそろ始めよう。

プレゼント
↑帰り際に撮影。会場の建物をまるごとプレゼントに見立てて、巨大な赤いリボンでデコレート。

こうなってます
↑自然と笑みがこぼれる温かな演出でした。



会場内で、「うひょ!短髪の好みの野郎だぜぇ!」っと視界の隅に入った野郎を目で追うと、そいつの連れも野郎だった。んで、そいつもこれまたカッコイイんだね。背が高くガッシリしたリーマン。髪型は短めの爽やか中田風。「こっちもイケるでないかい!似たような髪形しやかがって!ゼッテェこいつらできてるな!」てな感じで、またまた身勝手な想像を・・・。だけどこの野郎ども、ライブが終わり出口に向けて2人で並ぶ列が進む度に、デッカイ野郎が小さい野郎の背中に手を回して先へ促すんですぜ!そんで、その動作がなんかエロティックなんですな。うひゃぁ、見ちまったよぉ~~~とか思い、なんか赤面しながら嬉しくなっとりました。きっとあいつらには、「ただいま」も「おかえり」もあるんだろうよ。俺はそろそろ寝るよ。「おかえり」はないけど、明日は仕事が待ってんだよ...orz
  1. 2006/12/28(木) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手の内は見せないのです。

 雨音のする夜は時間がゆったりとしているようで心地よいのです。こんな日は飲みすぎるのが常で、今日も例にたがわず…。

 さて、先日街中で、「手相の勉強をしているんです!是非見させて下さい。」などと声をかけられました。

 占いなどの類に興味のない僕はいつも通り、「すみません。」っと詫びるように手を挙げる。すると、目に飛び込んで来たのは意外にも、体育会系短髪無骨野郎。

「こんなヤツに手を握られたらやべぇよ!」とか一瞬思うも、急いでいると言った手前(実際、ちょっと急いでいた)、足早に道を急ぐ。すると、「すみません!少しだけでいいんです。よろしくお願いします!」と、無骨なその顔をくしゃくしゃにして、頭を下げるのです。

「うはっ、堪らん!」っとにやける顔をごまかしながら、僕はさわやかな笑顔で、「いやぁ~、ちょっと急いでいるんですよ~。すんませんねぇ。」と歩みを進める。するとその短髪野郎、僕の僅かながら(?)の下心を見透かしてか僕の前に先回りして、「お願いします!少しだけでもお願いしますよ!」と、いじらしく僕を求めてくるのです。

 (別に焦らしているのではなく!)少しだけ急いでいた僕は、結局その青年に、地下鉄の駅まで50mほどの道のりを密着するように同行されました(妙に身体をくっつけてきたのは気のせい?)。


 いやぁ、もてる男は辛いよ(←アホ)。短髪君よ。お兄さんはなぁ、タイプの男にも、手の内はそう簡単には見せないんだよ(←これもアホ)。

手の外
↑手の内を見せないままでいいの?
  1. 2006/12/27(水) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

休日の直感

マイホームパパがかっこいい 男性誌に広がる家庭志向
(2006年12月24日- 産経新聞)


 休日の外出先でみかけた男に、身体の芯の奥のほうで湧き出すものを堪えつつ、「うぐぉ・・・、アイツは絶対仲間だぜ・・・」と本能的な直感を感じた次の瞬間に、「パパ~」とか子供が駆け寄ってくるのを見た日にゃぁ、自分の感性が実は単なる妄想であって、勝手な欲望と衝動の産物であったことをを思い知らされるのです。

 ぷはぁ~~~~~~。
  1. 2006/12/24(日) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神楽坂あたりに…

20061212215851
 裏切りと偽善と妥協に向かって行く僕は、役には立たないけど穏やかな毎日も、悪くはないと思うようになった。
 最近の僕は歩く速度が遅くなった。話し方もゆっくりになった。いや、そんなことはどうでもよくて、すべてが緩慢と弛緩の境界をなぞるようになった。かつて夢見た大人とは、日に日に乖離していくのがわかっているけれど、それも悪くはないと思える。
 いつか神楽坂にマンションを、なんて考えてみると、僕はそんなに大成するとは思えない。けど、どうせずっと一人暮らしなんだからとか思うと、あながちできるのかもとか、どうでもいい未来を想う。そして、墜ちて行くであろう自分を感じ、その軌道をなぞるのも悪くはないと思った。
 じゃあ、どこに行く?無理やり見つける?それにしても、このお酒はよい。僕は上の空(うわのそら)に行きたい。
  1. 2006/12/12(火) |
  2. 携帯電話で出かけ先から投稿しやした!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

在り方

20061207005101
 僕に任せて下さい!と啖呵を切って当たった問題処理。泥沼の残業をする羽目なったのは、僕が処理を誤り、火に煮えたぎる油を注ぐようなことをしてしまったからだ。明日以降、部署内で大問題に発展するかもしれない。僕に任せた上司も責任が問われるかもしれない。大変なことになった。悔しい。だけど、虚勢を張って引き受けたことには、全く後悔していない。口には出せないが、今は不思議と清涼感さえ感じる。

 世の中は、何でもかんでもありのままがいいといって、何でもかんでもありのままがちやほやされる。ありのままのお前が大好き。ありのままの俺でいたい。確かに大事なことだ。だけど僕は、ハッタリをかまして背伸びをするようなヤツでいたい。

 かっての僕はそうやって、大きな失敗はしなかったものの、身体と心を壊した。だから、随分長い間ありのままのオレでいた。だけどさ、たまにはハッタリをかまして精一杯背伸びをしたら、その場所に向かって高く速く走りたいんだ。それで失敗したら、苦虫を噛みつぶして悔恨を味わい、無様な醜態を晒す。それがダメ人間のオレの作法。そして思うんだ。弱さを受け入れることにも強さが必要で、そしてむしろ、それこそが本当の強さなんだと。

 背伸びをすることは、ありのままの僕ではない。だけど、これがありのままのオレの在り方なんだ。カッコ悪くてもいいや。無様に生きてやる。

 今日の月は綺麗だ。だけど心に留めておきたいのは、今日の空気が澄んでいるということだ。月が綺麗なのは、今日の空が澄んでいるからであって、月は何食わぬ顔でいつも通りに明日の太陽の光を受けているだけだ。









 ・・・だけどやっぱ、他人に迷惑かけちゃダメだよな。ちなみに普段は、用意周到質実剛健を旨としています・・・(笑)。それにしても、ここ一番で弱くなったなぁ・・・。
  1. 2006/12/07(木) |
  2. 携帯電話で出かけ先から投稿しやした!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

穏やかな筋書き

20061203151404
 休みの日には、冬の海が見える公園まで行く。カバンには文庫本と自分でいれたコーヒー。海沿いの丘に登ってぷらぷら。午後の日差しは丸みを帯びていて風も少ない。こんなに穏やかな時間はいつまで続くのだろう。
 歩き疲れたらベンチに座り、コーヒーをすする。白いものが立ち上る。これを見るだけでも心地よい弛緩。好きな音楽を耳に海の向こうに目をやると、冬のいいところは食べ物が美味しいとかオシャレができるとかそんなことではなく、空気が澄んでいることなんだと思った。こんなに穏やかで平坦な時間は、長くは続かないだろうな。
  1. 2006/12/03(日) |
  2. 携帯電話で出かけ先から投稿しやした!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。