Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

そいつは、男好きには愚問ですぜ。

 僕の頭を刈ってくれているのは女性の方なんですが、その最中のたわいのない話の流れで、好きな女性のタイプや、それが芸能人でいうと誰だとかを尋ねられてしまったのです。

 職場でその類の質問をされた場合は、「貴様らのような変態とはなわばりが違うから安心しろ!」とか、随分適当なことを言って勢いでかわしているんですが、今回はふいをつかれて思わずフリーズしてしまいました。

とりあえず、

『あっ、うっ。・・・・・・自分はテレビとかほとんど見ないんですよ・・・。だから芸能人とかわからんのです。』
(これ本当)

すると、

「え、でも、男同士だと誰々がかわいいとかで盛り上がったりするんじゃないんですか?」

『まぁ・・・、確かに・・・。・・・・あっ、僕の同僚は変態とロリコンばかりなんですよ。だからそういう話には加わらないんです。というのも、サランラップのCMの女の子が好きだとか言うんですよ。あの、頭にサランラップくっつけて髪を逆立てる女の子。』

「ええっ!?もしかして、ちびまる子ちゃんみたいな子ですか!?」

『ええ、もしかせずとも、ちびまる子ちゃんみたいな子です。』

「それは、ちょっと・・・。」

 話題はその後ちびまる子ちゃんに移り、僕はうまく難を逃れることができました。スマン、同僚よ・・・。お前のことを売ってしまったよ。(ところで、あれは本気だったのろうか・・・)
スポンサーサイト
  1. 2006/09/29(金) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

探し物はなんですか?

 9月16日のシブヤ大学の講義で、先生である鈴木英敬さんが紹介していた「SAGOOL」という検索エンジンがなかなかにお気に入りです。

 独自に開発したという検索アルゴリズムが、「オモロアルゴリズム」っていうんだから、もうこれだけで僕はたまらんのです。

 どんなものかは「SAGOOL」のHPを見て頂ければと思うんですが、この検索エンジンの機能の一つに、「WACAAL」というものがあります。

 これは、「SAGOOL」を利用している他のユーザーが現在検索中のキーワードを、いくつか表示しれくれるというもの。

 これを見るにつけ、世の中やっぱり人間様の頭の中は「エロ」の占める割合が多いんだなぁと思うのです(特に動画!!すげぇよ!!)。なるほど。まことしやかに伝えられている、「アダルトビデオがビデオデッキの普及に大きく貢献した」という逸話にも合点がいくというのものです。

 これからわかるように、ものづくりの国と言われて久しいわが国を、「エロ」は誰からも愛される日陰者(?)として多大な貢献を行ってきたのです。いや、日本だけでなく、人類の科学技術の進歩に「エロ」は多大の貢献してきたのです。偉大なる「エロ」万歳!!

 ただし、「エロ」はあくまで日陰者であって、決して日を浴びせてはならないのです。なぜなら、「エロ」には禁制の魔力があるからです。「ああ、俺はこんなにみっともないことをしている!」って顔を上気させていることってないですかね?(←アホ)

 こうなったら、言ってしまおう。「エロ」は人間の生の本質だ!

 まあ、アホなことばかり並べましたが、そういや、老齢に達したプラトン(ソクラテスだっけ?)が、「性欲がなくなって、ようやく自由な人間になれた」とかなんとか言ったらしいですね。う~ん・・・。

 ちなみに、「WACAAL」を眺めていると、非常にまれにゲイ絡みのエロキーワードも表示されます。念のため言っておきますが、私じゃありませんので・・・。


大手町で地下鉄を乗り換える時に通る地下通路に、「gooで誰かが検索中!」と表示された大きなディスプレイがあって、次々に検索されているキーワードが表示されるけど、ここではエロキーワードを見たことがないなぁ。多分フィルタリングカットされているんだろうな。つまんねぇの。
  1. 2006/09/24(日) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

志と年齢は関係ない!

新司法試験、合格率48%・合格者は1009人
(日本経済新聞 - 2006年9月21日)


 最高齢の合格者は58歳。



「志と年齢は関係ない!」

 鈴木英敬さんに教わった言葉。

 僕もまだまだ、これから!
  1. 2006/09/23(土) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心の隙間ってやつ

 なんとなく新宿2丁目に行ってみたら声をかけられた。ビルの暗がりで後ろから突然、『すみません!今、時間ないですか!?』

 ドキッとした僕は振り返ると同時に、相手を確かめることもせず、『すみません』と断っていた。

 だけど僕の目に飛び込んできたのは、めちゃくちゃかっこいい人の良さそうな爽やか笑顔。30歳少し手前といった感じのがっしりしたスーツ姿の彼は、「そうっスか!すんません!」と足早にその場を去る。僕はといえば、早鐘を打つ心臓を抱えながら、何もなかったかのように歩みを戻す。



 振り返りざまに、相手を確かめる間もなくすみませんと断ったのは、声をかけられたことにびっくりして動転したからだ。だけど、びっくりしていなくても断ったのだろうとも思う。それほどに僕は臆病だ。僕にはこの街を歩くこと自体が勇気のいることで、すかした風にしていても内心ビクビクしながら歩いている。

 それにしても、あんなにかっこいい人が僕なんかに声をかけてくれたことには驚いた。だけど肝っ玉の小さい僕は、追いかけたりできないんだよね。

 電車に揺られながら考えた。恋愛とかには興味はないって思っているけど、本当にそうなんだろうか。“なんとなく2丁目に行ってみた”なんて、稚拙な言い訳染みたことを並べてみたりするのは、やっぱり心は隙間だらけであって、それを埋めるすべを探したいんでないのかい。そして、ソレを期待してるんだろ!

 家に帰った僕は、『ハッシュ!』というゲイが描かれた映画を観た。



 普段上司や先輩から、「彼女いるんでしょ~?」なんて尋ねられると決まって、『いやぁ~、僕は人間嫌いなんですよ~。もう自分の面倒みるだけでいっぱいいっぱい。なもんで、自分一人で充分ですよ~!』なんて返している。そして、一人が好きだから一人でいるんだと・・・。

 一人でもいられることを、あたかもそれが強さであるかのように自負していた。だけど、そんなことは何の自慢にもならない。そもそもがだ。本当は人と交わるのが怖くで、単に臆病だから一人でいるんだろうな。今日気付いたよ。だって、あんなにかっこいい男に声をかけられてむちゃくちゃうれしくって(本当はアンケートだったりして・・・笑)、断ったことをむちゃくちゃ後悔したんだもの!

 とにかくだ、脆弱な自意識の言い訳とごまかしはそろそろやめよう。んでもって、もうちょい積極的になってみるかい?



 何かが起きたわけではないけれど、だけど、そんなことを考えた一日。ぷはぁ~、うまい酒が飲みてぇ~。
  1. 2006/09/22(金) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ええ、みすぼらしいですよ。

貯金箱も格差社会!? 5本のシナリオを用意した「人生銀行」
(ITmedia - 2006年09月08日)

人生銀行は、500円玉専用の貯金箱であらかじめ期間と金額を定めてお金を貯められる。本体には32×48ドットのモノクロ液晶ディスプレイを搭載。設定した期間と金額に応じて、主人公のサクセスストーリーを表示する。

 シナリオは、普段はみすぼらしい3畳一間に住まう主人公が、貯金額に応じて豪華な邸宅の一室に移り住む様子や、海外旅行に出かけたり、結婚するなどの物語を5本用意している。


 「普段はみすぼらしい3畳一間に住まう主人公」っていうのに、自分を重ねてみたりしながら酒を飲んでます・・・orz。自分の能力に過度の期待をする時期も過ぎちゃたった今、やるべきことは知っているんだけどねぇ・・・

 とりあえず、この貯金箱には哀愁を感じる・・・。買おうかなぁ。
  1. 2006/09/14(木) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我こそは消費者様だ!

三菱東京UFJ銀、全支店に「顧客満足予算」
(読売新聞 - 2006年9月10日)

吉松文雄・お客さまご相談部長は「来店客に喜んでもらうためには支店の自主的な取り組みを引き出すことが重要」と話している。

 この施策、大賛成です。しかし、窓口で顧客応対を行うスタッフが直面するクレームとして予想されるのが、「〇〇支店ではやってくれたのに、どうしてお宅ではやってくれないの!」というもの。「不公平だろ!」ってやつです。こういうことを感じる方というのは、客層によっては少なからずいるようで、その対処は非常に難しくなってきます。その時の言い訳(?)としては、他店でも実行可能なアイデアについては、主管が吸い上げて、モデルとして他店に紹介するシステムを前提にしているとでも言うんでしょうか(建前でもね・・・。他になにかいい方法ありますかね?)。そういうこともあるため、こういった施策が総体として顧客満足として有効性を持つかは、業種の特性と客層によります。しかしそれをクリアできるならば、こういった施策は現場で働く者が自ら能動的に業務に取り組むことにつながり、組織の活性化に非常に役立つと思うのです(正直、こちらの方が重要でないのかとも思ってしまうのです)。

 思い出したことがありました。いつのことだったでしょうか、地下鉄の某路線に乗ったときのことです。ラッシュの時間帯は過ぎ、空いている席もちらほら。ふと視線を、読んでた本から目の前のドアに向けると、ガラス部分に5cm四方の小さな紙が貼ってある。そこには小さな字が印刷されておりました。
『「ソ〇ー・タイマー」という言葉がある。これは、ソ〇ー製品には保証期間が過ぎると壊れるようにタイマーがセットされているという意味。』
(〇の部分は編集)
 一瞬新しいタイプの広告かと思ってしまいました。しかし貼ってあるのは、ドアが開くときに指を詰めないよう喚起した注意書きの上で、それに重なるように貼られています。広告ならそんなところには貼りません。貼ってある紙は、新聞のコピーか雑誌の切り抜きかとも思いましたが、よく見るとパソコンか何かでプリントアウトしたものを切って貼り付けたようでした。

 その張り紙を発見した後、乗り換えの都合で車両を換えたところ、なんとその車両のドアにも同じ紙が貼ってありました。

 手の込んだ悪戯に失笑してしまいましたが、いささか度が過ぎているような・・・・・・。

 こういうことをする人に、「お前は何様だ?」と尋ねれば、「俺様は消費者様だ!」って言うんでしょうかね(笑)。

この電車内で見つけた張り紙、ひょっとすると、それを見つけたヤツが、俺のようにブログなどで取り上げて騒ぐことを狙ったのかしらん。批判的に取り上げたものの、そういう意図があるなら完敗・・・。あおりに乗ったようなもんだからねぇ。気休めに会社名を一部伏せてはみたけど・・・。わかるようなぁ・・・。
  1. 2006/09/10(日) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲイだけど黒革のパンツは持ってませんよ

医師乗る車、来年度にも緊急車両に…災害・事故へ急行
(読売新聞 - 2006年9月3日)

今回の構想は、横浜市の病院が今年6月、政府の構造改革特区として提案したのがきっかけ。関係省庁が検討した結果、特区だけでなく、全国規模で規制緩和することになった。


 なんか感動的な話ですね。今年6月に提案されたものが、わずか数ヶ月のうちに、しかも大きな話となって決定される。役所のすることなんていつも足取りが重い!とか、全然知りもせずイメージだけで語り勝ちですが、そういう決め付けは、ゲイはみんな黒革のパンツにサングラスしているとか、ゲイはみんな女性っぽい言葉使いをするだとかのように、ひょっとするとステレオタイプなのかも知れませんね。なんでも冷静に見なければいけません。そもそも私の職場の足取りなんて、鉄下駄でも履いてるのかと思うほど・・・。

 ところで、9/16にシブヤ大学で、現職の官僚である鈴木英敬さんの授業「脱・官僚宣言。「型破りでいいですか?」」というのがあります。面白そうですよね。ちょいと参加してきます。官僚といっても、全員が全裸のお姉ちゃんにしゃぶしゃぶを給仕してもらっているわけではありませんもの!
  1. 2006/09/03(日) |
  2. ニュースがわからん!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。