Glorious Ordinary Day

Glorious Day, Ordiary Day and Glorious Ordinary Day

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

Destination Anyhere

いま仕事帰りの電車。ふと気付いたことがあって、久々の更新。


このブログを書き始めときに設定したカテゴリに、「20代後半、男の黄昏と哀愁⁉」というものがあるんだけれど、すみません。実は、小生、もう30歳過ぎてました。しかも、当時は程良く筋肉もあって、脱いでもそこそこ戦えた(←アホ)。思い出せば、そこそこちやほやされていたようにも思う(笑)。それがいまや、お世辞にも格好がいいとは言えない野郎に成り下がってしまったや。

仕事ではヨレヨレのシャツに腕を通して、プライベートでは、癒えない疲れに追い回される日々。


三十路辛えよー(笑)。

改造が必要だな。

おれ様改造プロジェクト募集‼(笑)




[Destination Anyhere]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

とりあえず腹筋だけでもします。


『腹筋励まし隊』男性モデル募集!?
( 2009info「アットマーク」i-fukkin.com - 2009年10月13日)



App Storeで腹筋を励ましアプリってのを購入。
i-fukkin



チアガールが応援してくれます。
チアガール


でも・・・、ねぇ・・・。
やっぱさぁ、野郎でないとねぇ・・・。

「腹筋励まし隊」にかっちょいい野郎が入隊することを期待しています。

  1. 2009/11/14(土) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シュークリーム食ったら、なんか元気が出てきた。

いろんなことがおざなりになっている自分に、まぁいいかと思いながらも不安を抱える毎日。じゃあ、やればと言われればなにも言い返せなくなる自分に嫌悪感。

深海でなにもない時間を過ごしてみたいとうそぶきながら、承認を欲しがっている自分がいかに幼いかは、知ってんだ。

さえない感情の消化はただやり過ごすことしかないわけじゃない。

問題の分析に没頭することよりも、解決するための方法を考えることなんて、当たり前のことなんだよな。教科書に書いてる。

仮に世界が1つでも、とらえ方次第でどうとでもなるらしいよ。

さぁ、なにからすっかな!


シマトネリコ
↑ビルの屋上緑化に使われることもあるシマトネリコ。育て方次第で、人の背丈くらいに大きくなんだってさ。

  1. 2009/11/13(金) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

陰も日向も

ぱせり

パセリのタネを蒔いたはいいものの、仕事にかまけて気づけば雑木林のようになってました。剪定をしてあげないと。

最近、仕事が忙しいことを言い訳に、いろいろなことがおざなりになっていました。どんなときも、いつも気にかけておかなければいけないことってあんだよな。

メンテやケア、デザインの見直しを行わないと、予見できるトラブルにさえも対応できなくなってしまう。これは+αなんかじゃなく、当たり前のこと。会社でインフラNWの更改があって、そんなことも考えてみたり。

今日は、晴れ。

もう少しゆっくりしたら、一緒に買い物にいきます。
祝いごとがあって、プレゼント買ってくれんだって。
ぐひひ



  1. 2009/10/11(日) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とりあえずソープに行け。

Twitterのアカウントさえあれば、北方謙三が、ひとりひとりにどんな相談にも載ってくれます。

悩みを投稿すると、まさしく雄の精魂あふれるアドバイスをダイナミックに指南してくれるのです。

でも、俺には役立たねぇ…。

bot
botっとかいう簡単なプログラムなんですが、本人非公認だろなぁ…。


  1. 2009/10/08(木) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばれるときは、ばれるのです。

MITの学生、SNSの情報から同性愛者かどうかを予測する「ゲイダー」開発
(2009年9月25日 - スラッシュドット・ジャパン)


こえぇー。最近更新していないとはいえ、社内SNSを分析されたらとか思うと…。そのうち、メールを分析して、ゲイと判定とか・・・。

さて、自分の周りでは今月に入ってiPhoneユーザーが続々増えていています。Google Phoneも持っている人はいるのですが、少ないです。

HT03-A、触りましたが、やっぱ自分はアプリの数なんかを含めてiPhoneがいいですね。個人的にはHT03-Aは画面が少し小さいことも、ちとマイナス(単純なんで)。

Androidマーケットの有料アプリと、Android携帯の冬モデルに期待しています。購入予定なんで。

そういや、なんでもiPhoneにもゲイダーなるものがあって、GPSを使って近くにいる雄とコンタクトを取ることができるとか・・・(詳細不明。調べてません)。おそるべし・・・。

あっ、自分、iPod Touchと公衆無線LANを駆使しているので、お勧めアプリがあったら教えてください。ゲイダー以外で(笑)。
  1. 2009/10/08(木) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最後の夏はいつだったんだろ。

チューペットの生産、販売の終了について
(2009年8月17日 - 前田産業)
(←PDFです)

僕の育った大阪の雑然としたとある町では、チューチューという名前で呼んでいた。チューペットという読み方は優等生気どりの読み方で、典型的な昭和のせまい団地の中では、誰一人チューペットと呼ぶ人はいなかった。正式名称を知らなかったかと思うのだが、気恥ずかしかったのかも知れない。

少し溶け始めるとパキっと折れなくて、ねじってあけるヤツがいたりしたけど、そんな開け方は軟弱な野郎のすること(笑)。ひざの皿に勢いよく叩きつけて割るのが"オレら”のやり方だった。

そして、当然2人で一本なんだけれど、先の尖がった方を年上が食べるのが暗黙のルールだった。

かちかちの状態のものを勢いよくひざの皿で割ると、パキンと大きな音がして、それがひときわ大きいと少しばかり得意気になったりもした。

暑い日にジュースやアイスにありつけることはなかなかなかったけれど、チューチューは結構敷居が低くて、どこの家にもあった気がする。

大人になったいま、たまにコンビニで冷たいものでも買って帰るかとなると、たまなんだからとハーゲンダッツを買ってみたりする。

チューチューを最後に食べた夏はいつだろ。

  1. 2009/08/30(日) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あるがままに煮物。

DSCN0970.jpg
↑あまりにさえない画像ですみません。ありのままのへたれな小生をと思いまして・・・、へへへ(笑)。

ほとんど毎日のようにツレが晩飯を作ってくれているのですが(あは)、そのツレが遠く海の向こうへ出張中(ツレはオレと違ってエリートだったり)。

冷蔵庫の残り物を使っておいてほしいとのことで、写真は、昨晩とりあえず作ってみた煮物の残り物。途中、醤油がないことに気づくも、スーパーの寿司とかについている袋入りの醤油を1つ発見。醤油なしをなんとか凌ぎ切った。

まぁ、何というか、小生が作っただけの味でして・・・。お世辞にも上品と言えない見た目と同じような味でした。

仕事から帰ってきてたまに料理してみて思ったのは、いつも晩飯を作ってくれているツレにはもっと感謝しなけりゃなと。おそらくは僕より仕事はハードだと思う。

どんな仕事でもそれぞれの重さを持っているものだから、単純な比較は決してできないけれど、どう考えても僕より高度な仕事をしている。おまけに僕の会社は基本的に残業がない会社なのだ。

だけどツレは、いつも僕のために料理を作ってくれるのだ。

本当に感謝しなけりゃな。

そうだ。帰ってきたら、煮物でも作ってあげよう(笑)。




■追記■
最近では小康状態だったけれど、実はここ数日、何年も自分の中に巣くっている黒いものが、じりじりと浸食して来ているのを感じていて、そいつに食道を握り潰される感覚に恐怖していた。

日常の中で見つけた小さな気づきは、少しばかり僕の心を温かく、強くしてくれた。つらいことも、そんな風にして乗り越えるんだと思った。




  1. 2009/02/18(水) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

暴走する熱。

いつもより早めのコーヒーで朝を迎え、ウォームビズで長い間クローゼットに吊されていたスーツと、数ヶ月ぶりに顔を合わせる。この日のためにNEWYORKERで買ったシャツとネクタイを下ろす。新しいシャツに袖を通す瞬間は、自分を取り巻く空気が新しく生まれ変わるような感覚を覚え、すべてがうまくいくはずだと、信念のくすぶりが沸き起こることにゾクゾクする。

よし、オレはできるぞ。奥歯に今一度力を込め、玄関に向かう。

そしてその時は、今日という日に備え念入りに磨き上げた靴から、シューキーパーを外そうとした瞬間に訪れた。

バリッ

ケツ割れました。

以上、おやすみ。


  1. 2009/02/11(水) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

a lot of people

奥田英朗が原作のララピポっていう映画を観てきました。ララピポっていうのは、a lot of peopleって意味。発音がそう聞こえるからとか。

こういうストーリーは好きだなぁ。結局やっぱり何も変わらないってモチーフ(注.個人的な解釈)。

劇的な“なにか”なんて、いつになってもやって来るわけなくて、やっぱりボロクソの人生は何一つ変わらない。だけどそれら全部を引っくるめて、主人公達は最後にそれぞれが笑顔を見せる。

そして映画は、いつも通りの渋谷の雑踏を写して幕を降ろす。



さぁ、オレはというと、そんな雑踏の中で、もう一度悪あがきをしてみるのだ。

そこら辺のヤツと同じように!!

ふははははっー
  1. 2009/02/09(月) |
  2. 20代後半、男の黄昏と哀愁!?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Humansbeing

Author:Humansbeing
Humansbeingです。次の席替えでは、窓際というより窓の外にデスクが置かれるともっぱらの噂です。
166×82×32

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

リンクはフリーです。

月別アーカイブ

カテゴリー

モバイル!!

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。